リレンザは何科で処方される?加湿空気の効果

冬になると気温が非常に冷え込み、人の体には様々な悪影響がもたらされるようになります。気温が下がることで人の体温も低下し、免疫力が低下してしまいます。また冬は空気が異常に乾燥することで口や鼻などの粘膜も乾燥させてしまい、ウイルスや細菌が体の中に侵入しやすくなります。特にインフルエンザウイルスは冬の乾燥した空気中にたくさん浮遊し、活発に活動するようになります。するとそれだけ人体に入り込み、感染するリスクが高まることになります。こうした感染リスクを抑制するためには空気を加湿することが何よりも大事です。それには加湿器を用いるのが一番良いと言えます。加湿器で空気中の湿度を50パーセント以上に維持できれば、空気中でのインフルエンザウイルスの活動を弱めることができるようになります。加湿器がなければ室内にぬれタオルを干すことでも湿度を高めることができます。またマスクを装着するのも喉や鼻を保湿し有効であると言えます。しかしどれだけ加湿を心がけ、マスクを装着したとしても過労やストレスなどで免疫力が低下しているとインフルエンザウイルスに感染することがあります。感染すると次第に高熱、嘔吐、下痢、頭痛、関節痛に悩まされることになります。自然治癒ではウイルスの体内での増殖を食い止めることはできません。すぐに医療機関で適切なケアを受けることが大事です。インフルエンザの治療にはリレンザやタミフルが処方されます。内科に行けば、インフルエンザ治療で必ず処方される専門治療薬です。リレンザは粉末状の治療薬で専用の機械に薬をセットして口から吸いこみ、肺に薬を充満させます。インフルエンザウイルスは肺で増殖することで高熱や様々な諸症状が見られます。そのため肺での増殖をリレンザで食い止めることができれば症状の緩和につながり、やがて完治するようになります。