インフルエンザはリレンザで治る!写真わかる使い方

毎年冬のシーズンになるとインフルエンザが流行します。インフルエンザの治療薬として名高いものにはいくつかありますが、最も初めに開発されたのがリレンザです。その特徴として吸入薬であるという点があり、それが問題となってしまって国内での流通は飲み薬に比べて遅れを取ることになりました。しかし、飲み薬の製品に対して耐性のあるインフルエンザウイルスが登場したことも受けて、同様のメカニズムによって作用するリレンザもまた高い注目を浴びるようになっています。基本的な使い方の注意点として、インフルエンザの初期症状が出てから48時間以内に最初の投与を行わなければ効果を期待できないという点があり、もしインフルエンザが疑われたらできるだけ速やかに医師の処方箋をもらって薬局で手に入れることが大切になります。吸入薬であることから水などを必要しないため、リレンザを薬局で買ったらその場で一回目の投与ができるというのが大きなメリットとして注目され、そういった方法が推奨されています。吸入薬を使い慣れない人が多いため、リレンザは固有の吸入器と共に販売されています。一度使い慣れてしまえば簡単に使用できるというのがこの吸入器の特徴ですが、初めて使う時にはまるで使い方がわからないという状況になりがちです。しかし、写真付きの説明を各所でみつけることができるため、それを見れば簡単に使い方を理解することができます。また、薬局で購入した際に薬剤師に使い方を聞けば具体的に説明してもらうこともできるでしょう。そういった方法によって使い方を理解してしまえば気軽にリレンザを服用することができるようになり、インフルエンザを治すのに一歩ちかづくことができるでしょう。