インフルエンザにリレンザ!頭痛や蕁麻疹の危険性

インフルエンザは日本の流行感冒症と知って最も有名と言えます。風邪とは違って40度近くの高熱、下痢、嘔吐、関節痛に見舞われるのが特徴的です。激しい症状があるために日常生活がままならなくなります。自分で市販の風邪薬を用いて治そうとする人がいますが、ウイルス感染であり体内にウイルスが増殖していくので風邪薬では決してインフルエンザを治療することができません。インフルエンザに感染した場合は医療機関で治療を行わなければいけません。医療機関ではインフルエンザ治療薬のリレンザやタミフルが処方されます。リレンザやタミフルは肺でのウイルスの増殖を食い止める働きがあり、ウイルスの増殖を抑制すると次第に高熱がとれて完治するようになります。一般的には医療機関では飲み薬のタミフルが処方されます。しかし人によってはタミフルが体にあわず蕁麻疹や頭痛を伴う場合があります。特にアレルギー体質、持病がある人はタミフルの服用には注意が必要です。必ず医療機関を訪れた場合はお薬手帳を持参したり、持病や治療中の疾患について医師に伝えておく必要があります。普段飲んでいる薬やアレルギー疾患のある人は、タミフルよりもリレンザを用いてインフルエンザを治療したほうが良いと言えます。リレンザは粉末の吸入薬で、飲み薬ではないので他の薬との飲み合わせをそれほど心配する必要はありません。効果はタミフルと何ら遜色なくウイルス増殖を食い止めてくれます。肺に直接粉末薬を充満させるのでウイルスの増殖を食い止めるのに即効性があるとも言えます。高齢者や子供でも吸入しやすく、免疫力の低い人には感染対策としてリレンザを吸入しておくのも良いでしょう。リレンザは医療機関だけでなく、ネットで個人輸入で手に入れることもできます。