妊婦に処方されるリレンザについて

妊婦さんは、お腹の赤ちゃんへの影響を考えて薬を必要最小限にとどめる人が多くいます。
しかし、もしインフルエンザにかかってしまった時、リレンザを服用しても大丈夫なのでしょうか。
一般的に、妊婦さんは免疫力が落ちていると言われています。
そのため、感染力が強く、発症前からウイルスを体外へ排出することのあるインフルエンザはウイルスは妊婦さんにはとても危険です。
さらにインフルエンザに感染してしまうと、妊婦さんは重症化しやすいと言われているため、医師から処方されたものならば服用した方が良いでしょう。
妊娠しているのがわかった上で処方されているのならば「服用しない方が赤ちゃんとお母さんに悪い影響がある」と判断されたからです。
インフルエンザは高熱や食欲不振などの症状があるため、お腹の赤ちゃんへ与える影響は大きなものです。
「薬を飲みたくない」というだけの理由で処方された薬を服用せずに、赤ちゃんに悪影響が出ることも予想されます。
また、リレンザは吸入タイプのインフルエンザの治療薬です。
そのため、薬の成分はインフルエンザウイルスが増殖する肺から喉にかけての気道に影響を与えますが、他の内服のインフルエンザ治療薬に比べて血中へ吸収されて身体中に薬の影響が出てしまうということもないと言われています。
吸入タイプのため吸い込んだリレンザが口の中に残ってしまい、それを飲み込んでしまった時でも血中にはほとんど影響がないというデータの発表されています。
妊娠初期にリレンザを服用した人の約3%に先天性異常のある赤ちゃんが産まれたというデータもありますが、これは妊娠中に薬を飲んでいない人の場合でも同じような確立のため、赤ちゃんへ薬の影響はないと考えても良いのではないでしょうか。

リレンザの胎児に与える影響

寒い冬の季節が来ると、インフルエンザにかかる人が増えますが、病院に行けば、リレンザなどのインフルエンザ治療薬で治せるので、早めに受診するようにしましょう。
リレンザはインフルエンザに対して高い効果があるので、通常よりも軽い症状に抑えて、回復に導くことが出来ますが、妊娠中の人の場合は、胎児に与える薬の影響が気になるかも知れませんね。
動物実験においては、リレンザの使用により、胎児に何らかの影響が起きたことは報告されていないため、危険性は低いと考えてよいでしょう。
厚生労働省でも安全と認められている薬なので、医師から処方されたら、用法・用量に応じて、正しく使用するようにしてください。
妊娠中にインフルエンザにかかると、普段よりも重症化する恐れがあるので、薬を避ける方が胎児の健康には良くないでしょう。
リレンザを使っても、先天性の異常を持って生まれるリスクは高くないといわれていますし、タミフルと違って吸入薬なので、血中に移行する量も少ないですから、胎児に重大な影響を及ぼす可能性はほとんどないはずです。
薬が与える胎児への影響を考えるあまり、インフルエンザによる高熱が長続きしたりすると困りますから、病院へ行く時間がなかったり、遠方にある場合は、個人輸入代行通販に注文して、自宅まで送ってもらうことをおすすめします。
リレンザの価格の相場は6,000円程度で、病院に行くときに必要になる診察費や検査費、交通費などを考えると、薬代だけで済むので、費用を節約することが出来ます。
出来るだけ安いサイトを利用したいところですが、あまりにも安すぎると、偽物かも知れませんから、口コミの評判がよく、信頼できる個人輸入代行通販を選ぶようにしましょう。

妊婦のリレンザ服用中の注意事項

妊娠していない人に比べると、妊婦さんは免疫力が低下しているので、インフルエンザなどの感染症には注意して生活しなければなりません。
冬になると、インフルエンザが爆発的に流行することがあるので、どれだけ予防に気を使っていても感染することがありますが、妊婦さんの場合は重症化しやすく、肺炎なども合併しやすいので、早めに治すことを考えなければなりません。
胎児への影響を気にするあまり、リレンザやタミフルなどのインフルエンザ治療薬を避ける人もありますが、そのせいで重症化したい、肺炎などになってしまうと、その方が危険な状態になります。
妊娠週数が進むにつれ、症状が悪化しやすく、一般的な治療に比べて長く時間がかかるため、WHO(世界保健機関)でも、集中治療室を必要とする妊婦さんの確率は、一般の人よりも10倍高いと報告しているぐらいです。
日本産科婦人科学会でも、リレンザやタミフルなどの薬は胎児への影響はないといっていますから、自己判断で勝手に薬を使わないと決めるのはやめるようにしてください。
そのせいで重症化すると、死亡に至るケースもあるので、高熱が出て、全身に痛みを感じたら、早めに病院で診察を受け、リレンザやタミフルなどの薬を処方してもらうことをおすすめします。
これらの抗インフルエンザ薬は、48時間以内の投与で高い効果があらわれるので、具合が悪くなったら早めに使うことが大切です。
経口薬のタミフルよりも、吸入薬のリレンザの方が、局所的に作用するため、副作用が起きにくいといわれています。
抗インフルエンザ薬は病院以外でも、個人輸入代行通販からも手に入るので、妊婦さんがインフルエンザにかかったときは、どちらかから入手するようにしましょう。
■毎年インフルエンザで苦しんでいるインフル常連さんへ
インフルエンザの薬を常備しておきましょう
■タミフルはちょっと心配という方はこちら
リレンザ 通販